宝生山 帝釈寺

瞑想の会
写経の会
本尊祭 本堂護摩供
報恩日(清掃奉仕の日)
年間開催予定表

年中行事
節分会 福護摩祭り
福護摩まつり 写真集
こぼんさん修行

交通のご案内
帝釈寺の縁起
近代以降の帝釈寺
境内のご案内(更新中)

平成29年の年忌(法事)
永代供養合祀之墓
永代供養之墓 にちにち

花だより(更新中)
お寺でヨガ
宮城県気仙沼小学校教育活動義援金(お願い)
おてらおやつクラブについて

帝釈寺の縁起
 帝釈寺縁起
 古義真言宗高野山金剛峯寺末流なり。外院の里にあり。人皇34代推古天皇の御宇、聖徳太子の創立なり。

 貞観年中に清和天皇勝尾寺へ行幸し給う時、初めて当寺に入り給い、山上の勝尾寺を都卒の内院に表し、当寺を外院と称し給う。それより以来、外院を以ってこの里の地名となる。
 
 応仁年中以後に度々の兵乱にかかり、諸堂消失し、大に衰微す。慶安2年3月、秀栄法師入院し、当寺を中興す。
 
 境内に明神水あり。手足の痛みに付て功あり。この水至て美なり。

 箕面市郷土資料館 調査

(写真:帝釈寺縁起初段)

 文書の中の帝釈寺
○密教大辞典
 兵庫県三島郡豊川村粟生に在り。古義真言宗に属す、宝生山と号し、清和天皇の草創にかかる。往古頗る大伽藍にして、近世尚僧坊23宇ありき。本尊帝釈天王は聖徳太子の御作なり。(摂陽群談)

○摂津名所図会
 外院帝釈寺 粟生外院村にあり。(中略)帝釈天降臨の松 堂前にあり。明神水 境内にあり。(中略)毎年7月16日には千日詣とて、遠近ここに参衆して群をなせり。

(写真:帝釈天降臨松の碑)

COPYRIGHT(C) 宗教法人 帝釈寺 ALL RIGHTS RESERVED.